生乳生産量日本一、べつかいの乳製品を手から手へ。(食育レポートvol.5)

北海道別海町は、生乳生産量日本一のまち。
 この生乳を加工している様子を見学することができる施設があります。
「べつかいの牛乳屋さん」シリーズでおなじみの「べつかい乳業興社」。

べつかい乳業興社 外観

ここでは、コーヒー牛乳やチーズ、バター、アイスクリームなど
様々な種類の乳製品を製造しており、その行程を見学することができます。

nyugyokousya_product01

nyugyokousya_product02

▲べつかい乳業興社の各種乳製品

 

準備、製造から出荷まで

べつかい乳業興社 工場の様子

▲牛乳充填室。

朝一番の製造は牛乳から。
それが終わると、次はアイスクリームなど、その日によって違い、午後は出荷、そして明日の準備…
一人一人が1日で色々な製造、作業をこなしています。

べつかい乳業興社 工場見学

▲工場内はすべて2階の通路から窓越しに行程を見ることができ、さまざまな生乳加工を学ぶことができます。

べつかい乳業興社 牛乳のできるまで

2階の見学者通路には解説パネルがあり、”生乳生産量日本一”別海町の酪農や、牛の一生、からだのしくみなどについて学ぶことができます。

牛の種類

厳格な衛生管理

通常は2階の見学者専用通路から行う見学ですが、今回は特別に、製造ラインと同じ目線での撮影を許可いただきました。

りょウシくんも帽子をかぶってからだじゅうコロコロ…
別海町内の小中学校をはじめ、根室管内の学校給食の牛乳を製造しているこの工場。
厳しく衛生管理されています。

べつかい乳業興社 りょウシくん見学!

▲工場立入の前に衛生チェックをする別海りょウシくん

ひとつひとつ、目と手でチェック

べつかい乳業興社 アイスクリーム製造

▲アイスクリーム製造室
いくつもの機械が並ぶ工場ですが、機械と機械の間は人の手で行っています。

 べつかい乳業興社 アイスクリーム製造

▲何人もの目と手を経て作られた製品。
  このなかのうちひとつが、みなさんのお手元に届いています。

 

べつかいの牛乳屋さんでウェルカム・ミルク

別海町では来客時に、小さなカップに注いだ牛乳でをもてなす施設があります。
2006年に根室地区酪農対策協議会が始めた「ウェルカム・ミルク」というものです。この「来客時には牛乳をまず一杯」という取り組みは、現在は別海町をはじめ、根室管内の農業協同組合やレストラン、スナックなどに広まっています。
提供しているお店のひとつ、「そば処 よし住」のおかみさんは「うちは地方から来店される方が多いです。ウェルカムミルクを出すと『濃いですね』『甘みがありますね』とおっしゃいます。なかには『もう少し沢山飲みたいですね』とおっしゃる方もいらっしゃいます。そんなときには別海牛乳の売っている場所を紹介するんですよ」とおっしゃっていました。
よし住さんでは、お茶の他にウェルカムドリンクとしてミニカップ1杯の牛乳を提供しているよ♪牛乳生産量日本一の町ならではのとっても嬉しいサービスだウシ~!《よし住店内にて》

 ▲「そば処 よし住」で提供されているウェルカムミルク

 

さいごに・・・

◆ バターを手作りしてみませんか? 

べつかい乳業興社では、バターやチーズなど、乳製品の加工体験も受け入れています。
今回は、手作りバターのレシピをご紹介。
べつかい乳業興社 バター作り体験

▲シャカシャカ振るだけで、新鮮なバターを味わえます。

《材料》
  ・生クリーム…90g(乳脂肪分50%のもの)
  ・水…30g

フタ付きの容器に入れ、勢い良く振リ続けると、シャバシャバという液体の音が一度しなくなります。
さらに振り続けると、今度はかたまりが容器にぶつかる音がきこえ始めます。
容器の中に黄色いかたまりが見えてきたら出来上がり!

べつかい乳業興社 バター作り体験

▲塩を少し加えれば有塩バター(市販のバター)になります。
ハチミツやビートシュガー(砂糖)を加えると、また違う風味に。

※早めにお召し上がり下さい。

 

 株式会社べつかい乳業興社 TEL 0153-75-2160
 基本情報はこちら  公式サイト

平成26年度農林水産省フードチェーン食育活動推進事業