「打瀬舟を見学したいです」の答え~高台編

シマエビ漁の時期になると増えるお問い合せ

「打瀬舟はどこから見えますか?」→答えはこちら!(北海シマエビ漁Q&A

今回は、国道244号線高台からの見え方をご紹介します。
南側から向かうと、尾岱沼市街に入る手前の、セイコーマートさんのある信号前からの見え方です。

IMG_8915-640

18mmレンズでの撮影。肉眼で見たときに近い大きさです。中央少し左寄りに帆を1枚出している舟が1隻、画面左側、防波堤の内側に停泊している船の上方向に、帆をたたんでいる舟が1隻確認できます。

IMG_8917-640

▲ズームレンズ55mmでの撮影。18mmよりは大きく見えますが、それでも、高台からだとこのくらいの見え方です。中央右寄りに帆を1枚出している舟が1隻、画面左側、防波堤の内側に停泊している船の上方向に、帆をたたんでいる舟が1隻確認できます。
左側の打瀬舟の斜め右上方にうっすらと写っているのは、トドワラ桟橋を12:20に出発、尾岱沼港に12:50に着く2便の観光船です。
高台から見るよりは観光船に乗
船した方が打瀬舟との距離は近いです。出漁している舟の数が多いのは朝1便時です。

IMG_8920-640

同じ場所から250mm望遠で撮影。先ほどの18-55mmよりはかなり大きく見えますが、細部までは写りません。舟の上で作業している漁師さんの姿が確認できます。
また、画面右側上方に、帆をたたんでいる舟のシルエットがぼんやりとですが確認できます。

IMG_8921-640

250mm望遠での撮影。1枚目、2枚目で左側に写っていた舟です。この写真だと、港へ戻ってくる観光船の姿が、先ほどよりはわかりやすいです。

IMG_8924-640

高台から250mm望遠。漁を終えて港に戻る舟でしょうか。漁場を出て港に戻る間は、船外機を動かしてかなりのスピードで舟を進めます。
打瀬舟と同じ大きさの観光用チ
ャーター小型舟(伝馬船アサヒ号 定員5名)もおすすめです。
>詳しくは、別海町観光船HP
奥に見えるのは野付半島です。

今回の撮影場所

▲国道244号線高台、南側から向かうと、尾岱沼市街に入る手前、セイコーマート尾岱沼店前付近

※国道沿いには駐車帯がありません。撮影目的で駐停車する場合は、路肩に寄せる、ハザードをつける等、交通の妨げにならないようご注意ください。お店の駐車場を借りる場合は、店員さんに一言相談するなどの配慮をお願いします。