北海シマエビ漁Q&A

いよいよ北海シマエビ漁が始まる時期がやってきました!
「伝統の北海シマエビ漁を見てみたい!」「どこで見ることが出来るの?」など、質問が寄せられましたので、Q&A形式でお答えします!
北海シマエビ漁ってどんな漁?
 utasefune

今なお残る伝統の打瀬舟漁です。明治時代から変わらないこの漁法は、シマエビの住処であるアマモを傷つけないようにエンジンを止め、帆を立てて風力で進む曳網漁です。餌でおびき寄せるエビ籠漁ではなく曳網で漁をするので、餌の味やにおいがエビに付く事がなく、エビ本来の味を味わうことができます。
 風を受け、三角の帆をはためかせて静かにすべる打瀬舟の情景は尾岱沼の風物詩になっており、北海道遺産に選ばれています。

漁期はいつから?
 夏漁は例年6月中旬~1ヶ月間です。
秋漁は例年10月中旬~約1か月間です

例年、6月はじめ、10月はじめ頃に資源調査が行われ、漁期が決定します。
調査結果が出るまでは、観光協会で漁期についての回答は出来かねます。
また、規定の漁獲量に達した場合は、当初発表した漁期によらず早く終漁する場合もあります。

(参考)今季の予定及び過去の漁期間

2016(予定) 6月20日(月)~7月22日(金)まで予定
※解禁日は17日でしたが、悪天候のため20日が初日
10月22日(土)~11/2(水)予定
2015 6月19日(金)~7月25日(土) 10月21日(水)~11月7日(土)
2014 6月19日(木)~7月26日(土) 10月27日(月)~11月6日(木)
2013 6月21日(金)~7月27日(土) 10月21日(月)~11月18日(月)

出漁時間は?
出漁時間
(旗振り船の指示)
5:00 6:30
終了時間
(荷捌き所着)
10:30~11:00(1回目)
13:30~14:00(2回目)
13:30~14:00
セリ 11:30(1回目)
14:15(2回目)
14:30

※天候等の条件により時間は変更になる場合があります。
セリ見学は、ガイド付体験プランでのみ可能です。詳しくはこちら

休漁日は?
 日曜日は休漁です。祝日は出漁しますが、海の日(2016年は7月18日)は休漁です。
その他悪天候(強風・雨)や無風時等、気象情報によりお休みとなることもあります。

見学方法は?
 漁の見学方法は、ご希望の見え方、予算や滞在時間に応じてさまざまです。
①尾岱沼の高台から遠景でみる方法 参考記事
②漁港から見る方法
③半島から見る方法
④観光船(朝便)・小型舟(要予約・チャーター制)に乗船して、より近くから見る方法
 漁場は潮目や風向きで毎日変わりますので、高台から場所を確認してから近いポイントに向かう方も多いです。

国道244号線沿いは、高台になっていますので、道の駅おだいとう~野付小学校までの国道沿いが目視できるポイントです。
尾岱沼市街に入ると、建物が増えるので、見えづらいです。
道の駅おだいとう(別海北方展望台)は駐車場がありますが、国道沿いには駐車帯等がないため、停車して見学する場合は、通行にお気を付けください。
但し、国道から写真で撮る場合、打瀬舟自体はかなり小さく遠景になります。>参考記事

位置は添付の地図を目安にご参照下さい(クリックすると拡大します)

尾岱沼地図(打瀬舟確認・撮影ポイント)

見学時間は?
 夏の出漁は午前5時、秋の出漁は午前6時30分です。船はセリの時間にあわせて帰港しますので、概ね午前中が見学可能な時間です。
出漁、帰港時は漁港防波堤から見学ができますが、港から漁場までは、船外機を使用して移動するため、帆は畳まれた状態です。帆は漁場に行ってから広げます。(写真は出漁時の様子)

DSC02534

打瀬舟を近くで見たい!
 別海町観光船に乗船すると、より近くで見ることができます。打瀬舟を見るには、朝1便目がおすすめです。
観光船の運行は10月末まで
※観光船は、団体様のご利用等で運行時間が変更になる場合がありますので、出港時刻は事前にご確認下さい。

その他、より近く、小型舟を使ったプログラムもあり。詳しくはこちらをご覧ください。
尾岱沼のシマエビ体験プログラム

観光船からの距離感参考(近い場合) 観光船から望遠で撮影 観光船から広角で撮影
utasefune_cruse1
utasefune_satuei
DSC02719★

どこに問い合わせれば良い?