シマエビ煮汁だし使用「野付半島しまえびラーメン赤いダイヤ」新発売

 

akaidaiyamenu

尾岱沼名産、北海シマエビの「煮汁」が主役の新しいラーメンが登場しました。
「野付半島しまえびラーメン 赤いダイヤ」

しまえびは、ほとんどが塩ゆでで流通しますが、その際の煮汁を濃縮し、一番だしとして採用した新しい味覚です。

開発は、元祖えびそば、ラーメンプロデューサーの野本栄二さん。
その野本さんご自身が「20年間エビとかかわってきた中では最高のでき」と太鼓判を押されるほどの逸品に仕上がりました。

提供は斬新なお椀スタイル。
蓋を取ると、湯気とともにエビのいい香りが立ち上り、質のよいダシが感じられます。
トッピングも、ラーメンの定番ネギではなく、あっさりとした大根や柚子。
ラーメンのイメージが変わります。

発売前日に放送されたHBCテレビ「今日ドキッ」では、別海町長も「こんなに(エビの)味が出てるとは思わなかった」「地域の自慢の一品になるくらい育っていけば」と絶賛。

中標津町「あら陣」にて、11月のみの期間限定メニュー。
1日20食限定です。
この機会にぜひお召し上がりください。

「あら陣」HP http://arajins.com/

※エビ3匹入りは「松」、「竹」は2匹、「梅」は1匹です。

2018.10.31 Facebookにて紹介~HBCテレビ「今日ドキッ」放送の様子あり

2018.11.1 北海道新聞に掲載

20181101しまえびラーメン(道新)