冬の海を歩く絶景ツアー「トドワラ・氷平線ウォークツアー」

厳冬の北海道。
一面の白い世界、凍った海の上を歩く、今、話題の絶景ツアー「氷平線ウォークツアー」のご案内です。

荒涼とした不思議な風景が広がる「トドワラ」までスノーシューで歩くスタンダードコース「トドワラ・氷平線ウォークツアー」と、主に団体ツアー(エクスプレスバス利用など、個人旅行も可能)向けの「氷平線ミニウォークツアー」があります。

結氷状況によって異なりますが、最も寒い1月~3月中旬頃に実施。
壮大な景色に溶け込んで、冬の北海道を楽しみましょう!

一面の氷原!エゾシカも歩いている!「氷平線」動画はこちら!

「氷平線ウォーク」を楽しむためのお願い

ガイド同行なしでの、氷上への立ち入りは不可です。事故等の責任は一切負いません。
※ネイチャーセンターからトドワラ広場までの遊歩道及び木道は、冬季も自由に通行可能ですが、遊歩道の除雪は行っておりません。
※野付半島入口~ネイチャーセンターまでの道道沿いでも湾の結氷は見られますが、植生保護のため、浅瀬・森の中ともに、通年立ち入り禁止です。
オンニクルツアーなどは、ガイド同行の元、特別な許可を得て、実施しています。

「氷平線」って何?

水平線(すいへいせん)じゃなくて、氷平線(ひょうへいせん)!

todowarawalk_01

日本最大の砂の半島「野付半島」。
全長26km、一番狭い部分の幅はわずか50mほどで、両側に海がみられる細長い地形は「北の天橋立」とも呼ばれます。
冬になると、半島の内側の野付湾は結氷し、氷の平原となります。
(1月~3月中旬頃)

幻想的なトドワラを訪れる

todowarawalk_02

野付半島ネイチャーセンターから、スノーシューをはいて、雪原の中にたたずむ、夏とはまた違う雰囲気のトドワラ(立ち枯れたトドマツが残る場所)を目指すツアー。
道中に広がる雪と、結氷した海に囲まれた一面の白い平原は、なんとも不思議で魅力的!

初めての足跡、トリック写真、楽しみ方いろいろ

_D7Z0990-3-1

結氷した野付湾の上を歩く「氷平線ウォーク」では、360度パノラマの氷の景色を楽しめます。
遠近感を利用して行うトリック写真も、撮りやすいポーズをガイドがアドバイス。
撮った写真はSNSで自慢しちゃおう!

Yahoo!ニューストップで紹介されました!

yahootop20170130

2017年冬、注目のスポットとして、紹介されました!
Yahooニュース(2017.1.31)
朝日新聞WEB版(2017.1.31)~動画あり

「死ぬまでに行きたい世界の絶景~新日本編」で紹介されました!

 死ぬまでに行きたい!世界の絶景新日本編Facebook


累計60万部を突破したベストセラーシリーズ「死ぬまでに行きたい世界の絶景」の「新・日本編」に、見開き2ページで「野付湾の氷平線」が紹介されました!

「死ぬまでに行きたい世界の絶景」Facebookページ
amazon

トドワラ・氷平線ウォークツアー

■実施期間/1月~3月中旬頃(結氷状況により異なります)※要予約
■体験時間/約2時間 ■距離/往復約3km
■スタート時間/午前の部・昼の部(スタート時間は、ネイチャーセンターで指定させていただきます)
■料金/大人 3,500円、小学生 1,750円(税込・1名あたりの料金)
 ※2名より受付。1名参加の場合、料金1.5倍(5,250円)
 ※スノーシューレンタル代含む
■集合・解散/野付半島ネイチャーセンター
■アクセス/根室中標津空港から約50分
■足元は、長靴やスパッツなどの着用、靴の中に雪が入らない装備を用意ください。
風が強く、体感温度がかなり低くなる場合がありますので、風を通さないジャンバー、帽子や手袋など、しっかりとした防寒具をご用意ください。
■お申込み・お問い合わせ/野付半島ネイチャーセンター TEL 0153-82-1270

氷平線ウォークへの参加方法

  お任せでおすすめコースに参加したい、ツアーバスで気軽に参加したい!
 →旅行会社主催のパックツアーはこちら(首都圏・関西・中部など

  団体旅行・パック旅行でなく、個人で自由にコースを組みたい!
 →野付半島へは公共交通機関がないため、レンタカーが主になりますが、2018年冬(1/20~3/11)は「ひがし北海道エクスプレスバス」が運行決定!≪バス乗車2日前予約
 野付半島へは、⑫川湯・野付号及び⑬野付・川湯号をご利用ください。
 野付半島での停車時間は、1時間15分です。


エクスプレスバス停車時間では、トドワラまで行くことは難しいですが、ネイチャーセンターの裏手で氷上に降りる「氷平線ミニウォーク」を体験することができます。

氷平線ミニウォーク

■体験時間/1時間
■料金/大人 1,500円、小学生 750円、未就学児無料(税込・1名あたりの料金)
 ※2名より受付。1名参加の場合、料金1.5倍(2,250円)
 ※ネイチャーセンターの近くで実施するプログラムのため、スノーシューは着用しません。
 ※トドワラまでは行きません。
■実施期間や申込先などは「トドワラ・氷平線ウォーク」と同じ。

冬の野付半島へは「ひがし北海道エクスプレスバス」~2018.1/20~3/11毎日運行

「氷平線ウォーク」パックツアー


冬の海を歩く!?絶景体験氷平線ミニウォーク+SL冬の湿原号に乗る(4日間) 


東京発
63,500円 ~ 92,000円

氷の海を歩く氷平線ミニウォークと川湯温泉

氷の海を歩く氷平線ミニウォークと川湯温泉(3日間) 


東京発
62,900円 ~ 71,900円

clubtourism_kanto_4

野付半島氷平線ウォーク・SL冬の湿原号・絶景の流氷美 いつか訪ねたい北海道 冬の絶景をめぐる旅 (4日間) 


東京発
69,900円 ~ 97,900円

clubtourism_kanto_2

野付半島 氷平線ウォークと知床半島 羅臼流氷クルーズ (2日間) 


東京発
32,900円 ~ 46,900円

KNT_cyubu_4


ガイドと歩く野付半島 氷平線ミニウォークと流氷砕氷船おーろら (4日間)


中部発
86,800円~151,800円

JTB_kansai_4

ひがし北海道 冬だけの感動10景 (4日間)


関西発
69,800円~74,800円

WBF_all_3

野付半島「氷平線」に会いに行く、さいはての冬旅!


東京・関西・中部・九州発
82,100円 ~ 151,300円
※金額は羽田発

※旅行商品の内容によって「氷平線ウォーク」は2時間の場合と、1時間(トドワラまで行かないミニウォーク)の場合があります。
詳しくは、各募集ページをご覧いただき、主催者(旅行会社)へご確認ください。
※上記は、事務局把握分のみの掲載です。この他にも募集されている可能性がありますので、お近くの旅行代理店へご相談ください。

エゾシカも氷平線ウォーク♪(2017.2.5)

2016年11月11日 コメントは受け付けていません。 体験・観光