野付半島の伝説「幻の街キラク」(野付通行屋跡遺跡)

_D7Z1314-640

「気が楽になったからキラク!?」~伝説の歓楽街「キラク」

野付半島に残る伝説として、「幻の街キラク」と呼ばれるものがあります。
「歓楽街があった」「夜じゅう、灯りが消えることがなかった」「遊女がいた」など、出典は定かでありませんが、謎に包まれた、ロマンある話として伝わっています。

江戸時代の古文書には「キラク」という記述はありませんが、寛政11年(1799年)に江戸幕府が国後島への交通の要所として野付通行屋を設置したという史実が明らかになっています。
対岸にはニシン漁のための番屋が60軒ほど立ち並んでおり、通行屋では、畑を作り、様々な野菜を育てようとした記録も残っています。

野付通行屋跡遺跡は、発掘調査が行われ、出土品は別海町郷土資料館で展示公開しています。

通行屋遺跡を訪ねる

毎年、別海町郷土資料館と野付半島ネイチャークラブの共催で、この通行屋遺跡を訪ねる観察会が開催されています。(春の1回、4月中旬)

notsuketuukouyaiseki

 潮が引いているときは、砂の上に当時使われていた陶器の破片が無数に散らばっている様子も見ることができます。

興味のある方は、参加してみてください。

IMGP9743

 ※キラク及び野付通行屋跡遺跡について、より詳しい情報をお求めの場合は、別海町郷土資料館(TEL 0153- 75-0802)へお問い合せください。
※徒歩での立ち入りは禁止されていませんが、場所がわかりにくいため、専門ガイドの引率なしの訪問は困難です。
※教育旅行などで、野付半島の歴史学習プログラムをご希望の場合、別海町観光協会へご相談ください。体験期間:4~11月(7~9月は防虫対策が必要)、体験時間の目安:3時間40分(レクチャー40分、遺跡巡り3時間、学芸員同行) 要予約1か月前、要長靴。

新沼謙治さんが歌う「まぼろしのキラク」

野付半島にあったとされる「幻の街」を題材に、札幌在住の幸斉たけしさんが作詞を担当。
「エレキを使ったため、演歌風ではなくロックっぽくなった」「北国の寒さを表現するために(ボーカルに)エレキを雪嵐のようにがんがん絡ませた」とのこと(北海道新聞記事より)。
「第48回日本作詩大賞」にノミネートされました(2015年11月)

◆まぼろしのキラク
作詞 幸斉たけし/作曲 新沼謙治
歌唱 新沼謙治/レコード会社 日本コロムビア(株)
(2015年2月発売)

(作詞 幸斉たけしさんコメント)
「幻想的で謎につつまれた幻の歓楽街があったとか、なかったとか謎ですね、沢山の人達が来てくれると嬉しいです、15年通い出来上がった作品ですから、移住したいです。最高のパワースポットです。」

 

このページのトップ写真は、イメージです。
伝説とは逆に、野付半島から対岸の尾岱沼の街の灯りを望んだ写真。
大山王国カメラマン柄木孝志さん撮影(2015年2月下旬)