別海町郷土資料館・加賀家文書館

別海町郷土資料館 館内

 別海市街にある「別海町郷土資料館」では、シマフクロウ・オオワシなどの天然記念物やヒグマの剥製、昭和初期頃の農家のジオラマ、野付半島沖で発見されたマンモス化石群等の展示をしています。
国内では、12個しか発見されていないマンモスゾウの臼歯化石。野付半島沖では、3標本3個体の化石が発見され、国内でも貴重なものとなっています。当時の別海町のみならず、北海道全体の歴史がわかる大変貴重な資料です。

また、隣接する附属施設「加賀家文書館(かがけもんじょかん)」は、江戸時代の末期に野付半島などで活躍した加賀家が残した古文書資料約千点が収蔵されています。加賀家と別海町のかかわりや、幕末にノツケ(野付半島)でアイヌ語通辞(つうじ・通訳者)として活躍、多くの資料を残した「加賀伝蔵」の業績、江戸幕府によって野付半島先端に設置された野付通行屋と漁番屋のジオラマ、野付半島に残る史跡などを紹介しています。

アクセスは、根室交通(中標津案内所 0153-73-4456)で中標津バスターミナル~常盤(42分)、厚床駅前~常盤(43分)。停留所より約180m。


所在地
  / 野付郡別海宮舞町30番地
電話番号 / 郷土資料館  0153-75-0802
      加賀家文書館 0153-75-2473
営業時間 / 9:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日  / 第2・第4月曜、第1・第3・第5土曜、祝日、年末年始(12/26~1/6)休み
入場料  / (両館共通) 一般300円(10名以上で240円) 高校生以下無料
ホームページ / http://betsukai.jp/blog/0002-2/index.php?ID=137

別海町郷土資料館

  加賀家文書館

     別海町郷土資料館             加賀家文書館

※ 消費税込の料金です。
※ 展示及び料金は取材時(平成27年2月1日)現在のものです。ご利用の際には改めてご確認下さい。

《別海町郷土資料館》

マンモス臼歯化石

        別海町郷土資料館 体長2.4mのヒグマ

       別海町郷土資料館 昭和初期の農家を再現したジオラマ


             尾岱沼で捕獲された体長2.4mのヒグマ
マンモスゾウの臼歯化石               昭和初期の農家を再現したジオラマ

《加賀家文書館》

 加賀家文書館 館内

    加賀家文書館 野付通行屋と漁番屋(ジオラマ) 

   DSC08754400

              野付通行屋と漁番屋(ジオラマ)
館内には古文書や当時の品々が並ぶ            野付半島の遺跡位置図

パンフレット(PDF)   パンフレット(学生向け・PDF)