恋に効くミルク?(べつかい毎日川柳 Vol.025)

10月30日は「初恋の日」だそうです。

1896(明治29)年10月30日、明治の文豪・島崎藤村が『文学界』46号に『こひぐさ』の一編として初恋の詩を発表したことにちなみ、藤村ゆかりの宿である長野県小諸市「中棚荘」が制定した記念日です。

「まだあげ初めし 前髪の 林檎のもとに 見えしとき」で始まる初恋の詩は、学校で習って記憶にあるという方も多いのではないでしょうか。

ということで、本日は、恋心がテーマのこの2句です。

べつかい毎日川柳025

 

別海の生乳を使い樽型バターチャーンで作った「べつかいのバター屋さん」はクリーミーでまろやか。
そのまま食べちゃいたいくらい、とりこになるおいしさです。

体験_べつかい乳業興社バター作り110910 (13)

体験_べつかい乳業興社バター作り110910 (16)

上の写真は、べつかい乳業興社「バター作り体験」で作ったバター。
原料が良いので、初めての人でもおいしいバターが10分ほどで作れます。
職人さんたちが作ったバターなら、おいしさはなおさら。

焼きおにぎり(鮭)別海町酒場

パンだけではなく、ごはんにもおいしいバター。
これは「海鮮居酒屋おおーい北海道 別海町酒場」(東京神田・大手町)のメニュー「焼きおにぎり」。
香ばしいおこげに、とろけたバターがしみ込み、絶妙です。

恋とおいしいものは、誰にも止められない!

とはいえ、食べすぎは禁物です。
恋も、うっかり押しすぎて破れることもあるかもしれませんが、失恋は人間の成長のもと。
気を取り直し、ジャンボ牛乳を飲み干したら、新しい恋を始めましょう!

ジョッキ牛乳

別海ジャンボ牛乳は、別海ジャンボホタテバーガーとセットメニューで販売されている他、バーガー提供店で単品でもオーダーできます。ぜひどうぞ。
(別海ジャンボホタテバーガーだけの単品販売はありません。)

 IMG_5444

【関連情報】
・べつかい乳業興社についてはこちら
・「海鮮居酒屋 おおーい北海道別海町酒場」についてはこちら
・別海ジャンボ牛乳についてはこちら