このサイトについて

お問合せ


トップページ >  べつかい毎日川柳  >  べつかい毎日川柳 Vol.020 ~涼しい空気が宝物。

 

べつかい毎日川柳 Vol.020 ~涼しい空気が宝物。

 

本日の別海町、日中はくもり、夕方から雨が降り始め、18時、19時台の降水量は1.0mm、20時台2.5mm、21時台3.0mm、そして次第に雨脚が強くなり、22時台4.5mm、23時台8.0mmと激しく降っています。

紅葉も見ごろを過ぎ、木々の枝の間から見える空の分量が次第に多くなってきています。

気象庁ホームページを見ると、各地の気温や降水量、日照時間のデータを過去にさかのぼり参照することができます。

別海町、「10月22日」の1981年から2010年まで30年間の統計は、降水量が3.2mm、平均気温は8.0℃、最高気温14.1℃、最低気温1.6℃というデータになっています。

本日の最高気温は16℃、最低気温は8.4℃なので、平年よりやや暖かめです。

別海町は、最も暑い8月の平均気温が18度という冷涼な気候を活かして酪農が発展しましたが、夏のスポーツ合宿受け入れも活発です。

今年の夏もたくさんの大学、実業団の陸上部が合宿に来られ、その後8月22日に開催された「北海道マラソン」(札幌市)では、3位 高田千春さん(JR東日本ランニングチーム)はじめ、別海町で合宿されたチームから多くの上記記録者が出ました。

そんな別海の涼しさ、すがすがしい空気を詠んでくださった2句のご紹介です。

べつかい毎日川柳020

別府市は九州・大分県の街ですが、瀬戸内海式気候に属し、年平均気温が16℃。

別府温泉として全国的に知られる国際観光温泉文化都市で、源泉数は2800ヶ所以上。総湧出量は1日あたり13万キロリットル。これは日本の総源泉数の約10分の1を占め、全国1位とのことです。

ひさよしさん、温泉日本一のまちから、生乳生産日本一のまちへ、ご応募ありがとうございました。

次の「しんせんな 空気がいいね べっかい町」という句を送ってくれたりょうま伝くんは、大阪の9歳の男の子です。ありがとう。

空気はなぜか冷たい方が吸い込んだときのフレッシュ感が増します。
爽やかな空の下、思い切り深呼吸をしてみてくださいね。

※今回使用した画像(上)は、西別川の上流、別海町の水源付近で2010年秋に撮影したものです。
流れ落ちる川からの水しぶきが、茂みの上で凍り付き、不思議な氷柱を形成しています。

 西別川03西別川水源 (8)

 

画像(下)も同じく2010年秋、別海町内牧草地の風景を撮影したものです。

別海秋の牧草地 

【関連情報】
・別海町スポーツ合宿受入協議会 公式ホームページ
・北海道マラソン 大会データ
・JR東日本ランニングチーム 公式ホームページ