北海シマエビ夏漁へ向けて資源調査!(食育レポートVol.1)

北海シマエビ(ホッカイエビ)漁は年2回。
6月下旬から始まる予定の夏漁を前に
”ホッカイエビ未成熟個体調査”(稚エビ調査)を見せていただきました。

(動画 13秒)

▲野付湾で育った元気なエビたち!

 

HNM_9124-003

▲稚エビ調査では、しまえびの第一腹肢(ふくし)を見ています。

しまえびは性転換するので
オス、産卵前のメス、産卵後のメスと区別して、しまえびの資源量を調べているそうです。

HNM_9115-001

▲こんな表を見て選別しますが、かなり難しい作業です。

 

シマエビはどこも姉さん女房!?

HNM_9138-crop-001

オスからメスに性転換する、ということは、
夫婦はどこも奥さんが年上なんですって^^
それは、体が大きいほうが沢山の卵を抱えられるから、という
生き残るための知恵だとか。

 この日は稚エビの個体調査でしたが、
あと2日間かけては漁獲対象になる「出産を1度以上したエビ」の調査。
推定資源量を調べ、『年間漁獲許容量』が決定します。

 

HNM_9136-001

昨年(2013年)は6月21日初出漁でした。

今年の漁期が決まりましたらお知らせします!

 

《農林水産省フードチェーン食育活動推進事業》