エントリーナンバー9 「別海ジャンボホタテ餃子」

9-別海ジャンボホタテ餃子-(1.jpg

 5月3日(火・祝)・4日(水・祝)、別海町・尾岱沼ふれあいキャンプ場で開催の「別海ジャンボホタテグルメグランプリ 2011 in 尾岱沼」。

別海町観光協会ホームページでは、エントリー10チームの「別海ジャンボホタテグルメ」を、日替わりでご紹介します。

第6回目は、エントリーナンバー9「別海ジャンボホタテ餃子」です!

 

 

Q1.gif

団体名とメニュー名をお願いします。  

A1.gif

佐藤さんちのぎょうざ、「別海ジャンボホタテ餃子」で戦います。

 

Q2.gif

メニューの特徴と、意気込みをお願いします。 

A2.gif

 別海牛乳を練りこんだ皮のプレーンタイプと、トマトジュースを練りこんだイタリアンタイプの2種類のジャンボホタテ餃子です。
どちらもジャンボホタテ貝柱の上にそれぞれの具をのせ、手作りの皮で包みました。
 プレーンタイプは、豚肉ベースでホタテのミミ入り。少しとろみのある餃子タレをつけてお召し上がりください。
 イタリアンタイプは、鶏肉ベースでバジルと別海産カチョカヴァロチーズ入り。トマトソースをつけてお召し上がりください。
 また、今回のコンセプトは今、東北地方太平洋沖地震で大変な時期なので、そんな中で少しでもお客様が笑顔になり、「これからがんばっていこう」と思えるような餃子が作りたいと思い、今回の形になりました。

 

Q3.gif

ライバルは、どのグルメ?
 

A3.gif

「別海ジャンボホタテやきとり」。ジャンボホタテを2個使っている時点でかなわないけど、これに勝てたらすごいと思う。 

 

 Q4.gif

狙うは何位?

A4.gif

どのチームも力作ぞろいなので、グランプリをとるのは難しい。3位入賞はしたいです。

 

Q5.gif

「別海町ジャンボホタテ祭り」の前後に立ち寄ってほしいオススメポイントは? 

A5.gif

隣町になりますが、中標津町の「開陽台展望台」。視界330度、地球がまーるく見えます。ジャンボホタテメニューでジャンボな気持ちになった後の大パノラマはおススメです!会場の尾岱沼ふれあいキャンプ場からは、国道272号線で約42km。車で1時間20分ほどで着きますよ。

  国産・手作りにこだわる「佐藤さんちのぎょうざ」が満面のスマイルをお届けする「別海ジャンボホタテ餃子」。
 その味は、ぜひ会場で!

9-別海ジャンボホタテ餃子-(2.jpg

☆5月2日(月)まで、グランプリ事前予想調査受付中!詳細ページはこちら

【佐藤さんちの餃子】情報はこちらからどうぞ。

 グルメグランプリではメニューのお持ち帰りはできませんが「佐藤さんちの餃子」とJA中春別(別海町)のコラボで生まれた「乳ほたぎょうざ」は、Aコープ中春別店と「道の駅おだいとう」でも販売しています。お帰りのおみやげにぜひ!