いい空気、うまいごちそう、深呼吸(べつかい毎日川柳 Vol.026)

11月9日は「換気の日」だそうです。
いい(11)くう(9)き、の語呂合わせで、日本電機工業会(JEMA)が1987(昭和62)年に制定したものとのこと。

いい空気といえば、別海町は折り紙付き。
広大な土地で、排気ガスとも無縁、おいしい空気がたくさんです。

芽生えた牧草の匂いがしそうな春の空、爽やかな夏の星空、雲が高い秋の空、しんとつめたく、細胞が目覚めそうな冬の空。
どの季節もそれぞれ、おすすめです。
「大空」という言葉そのものの別海の空を胸いっぱい吸い込んで。

無味無臭の新鮮な空気もおいしいですが、うまいものを調理したときの空気も格別。

炭火で焼くホタテ貝焼き、鮭の串焼き、ちゃんちゃん焼きのにおいは、吸い込むだけでも幸せになります。
身厚な鮭と、キャベツやタマネギなどの野菜、味付けの味噌を一緒に、ホイルで包み焼き。
次第にジリジリと焼けた音がしてきます。ホイルを開いたら、ふわりと香る秋の味。

第51回西別川あきあじまつり (127)

10月第2日曜日(今年は10月9日)に別海新港で開催される「西別川あきあじまつり」では、炭火でちゃんちゃん焼きを楽しめるコーナーがあります。
今年も、ベンチがびっしり埋まるほどの大盛況でした。

第51回西別川あきあじまつり (156)

別海町の隣町、浜中町からお友達同士でお越しになったというおかあさんたち。
「ちゃんちゃん焼きは最高だよ!」とおっしゃっていました。

第51回西別川あきあじまつり (159)

第51回西別川あきあじまつり (160)

漁協や港の海産物直売所、道の駅おだいとうなどでは、フィレ状に加工された鮭も販売しています。
ぜひ、別海の鮭でちゃんちゃん焼きをしてみてくださいね。

べつかい毎日川柳026

【関連情報】
・野付漁業協同組合 直売店 海紋(かいもん) ネット注文はこちら
・別海漁協協同組合 西別献上鮭のネット注文はこちら
・尾岱沼漁港 海産物直売所 地図
※いずれも、品切れの際はご容赦ください。